sunriのブログ

ゲーム全般を記事にしていきます。 日記なども書いていきます。 アニメ、マンガなどの記事も書いていきます。

    最近調子を落としていますが、頑張って投稿していきます。
    よろしくお願いします。

    バイデン氏

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    (*・ω・)ノ はえー


    1: あかりちゃん(東京都) [ニダ] 2020/10/17(土) 15:54:29.64 ID:QXZowzdA0● BE:295723299-2BP(4000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    バイデン前米副大統領の息子、新疆の監視アプリに投資=報道
    2019年05月10日 19時33分

    伝えられるところによると、米民主党の大統領最有力候補とされるジョー・バイデン氏の息子は、中国共産党が新疆ウイグル自治区住民を監視するために使用するスパイ・システムに投資している。

    かねてから中国投資に積極的であるバイデン元副大統領の息子ロバート・ハンター・バイデン氏は、中国の投資会社・渤海華美股権投資基金管理有限公司(渤海華美、Bohai Harvest RST)の取締会のメンバー。

    同社は、中国のMegvii(北京曠視科技有限公司)が開発した顔認識プラットフォーム「Face++」に投資している。Face++の顔認識技術は、中国公安当局にも採用されている。

    バイデン氏の次男、中国銀行と特別な取引

    2018年に米国で出版された『秘密の帝国』の著者ピーター・シュバイツァー氏によれば、2013年12月、バイデン副大統領(当時)と、息子のハンター氏は、米空軍機に乗り中国北京を訪問した。2人は10日間の滞在中、国営で中国政府系・中国銀行子会社と米投資会社ローズモント・セネカ・パートナーズ(Rosemont Seneca Partners)が10億米ドルを出資して、米中合弁投資ファンド・渤海華美を新設した。

    ブルームバーグにある企業情報によると、ローズモント・セネカ・パートナーズは、中国に巨額投資する米企業のひとつで、代表はハンター・バイデン氏。

    シュバイツァー氏は、3月、米FOXニュースのインタビューに答えた。「ハンター・バイデン氏は、自身の投資会社と中国政府系銀行との間で、上海自由貿易地域での取引ができる。これは米大手金融ブラックストーン、バンクオブアメリカ、ゴールドマンサックスでも、成し得ない取引だ」と、そのハンター氏に対する特別扱いを指摘した。

    「中国共産党政権はワシントンの政策決定者の息子が所有している企業を支援している。これは外国勢力による介入になりうる」

    ハンター氏は、渤海華美を通じて中国投資を拡大してきた。中国メディア「投資界」によると、渤海華美(上海)株権投資基金管理は2013年に設立された資産管理会社。登録資本は2500万元。渤海産業投資基金管理、上海豊実金融サービス、昂駒投資コンサルティングとローズモント・セネカ・パートナーズが共同で設立した。この会社は、主に渤海産業投資基金管理傘下の渤海華美合弁基金が管理している。

    【中国投資ファンド元取締役のバイデン息子さん、ウイグル自治区住民監視アプリに投資していた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    (*・ω・)ノ オクトーバーサプライズってやつ?


    1: Felis silvestris catus ★ 2020/10/16(金) 18:07:20.12 ID:7FCK0GDi9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/267396899220698c3b6d979376bc261f44c6b45a
    「秘密のEメール」

    FNNプライムオンライン

    「バイデンの秘密のEメール」というチョー大きい見出しが、14日大衆紙「ニューヨーク・ポスト」の一面に踊った。

    【画像】明らかになったメールがこれだ!

    バイデン候補の次男ハンター・バイデン氏にあてたメールで、差出人はウクライナのエネルギー会社「ブリスマ」の顧問バディム・ポザルスキー氏。日付は2015年4月17日。

    「親愛なるハンター、ワシントンへ招待してくれて貴方の父上と会い、しばしご一緒できたことを感謝します。まことに名誉であり喜びでした。昨夜お話ししたように、今日再びコーヒーでも飲みながらお会いできれば幸いです。いかがですか?正午ごろであれば、貴方のオフィスによることができます。飛行場へゆく前かその途中に。早々アイフォーンより発信」

    「父上」というのは、当時オバマ政権の副大統領だったジョー・バイデン氏に他ならない。つまり、ハンター氏は「ブリスマ」の幹部をワシントンへ招き、バイデン氏と面談させたことをこのメールは裏付けている。
    バイデン氏は否定し続けたが・・・

    ハンター氏はその前年、「ブリスマ」の役員に就任し一月5万ドル(約550万円)の給与を支払われていた。同氏の「ブリスマ」での役割は定かでないが、メールが送られた2015年、バイデン副大統領(当時)はウクライナの首都キエフを公式訪問するが、そこで10億ドル(約1100億円)の援助と引き換えに「ブリスマ」をめぐる疑惑を捜査していた検察官の罷免をウクライナのプロシェンコ大統領らに要求した。

    「あいつら、ものの見事に(検事総長を)クビにしたよ」

    後年、バイデン氏がこう語ったのがビデオに残っており、バイデン氏は、副大統領というその地位を利用して息子の会社が訴追されるのを防いだのではないかと考えられたが、バイデン氏は「ブリスマ」の関係者には会ったこともないと否定し続けてきた。

    今回のメールは、ハンター氏が修理に出したまま捨ておいたパソコンから修復されたもので、連邦捜査局(FBI)も捜査の手掛かりにしていると言われるし、ハンター氏の中国やロシアとの金銭疑惑について調査している上院国土安全委員会にも渡っている。

    (略)

    【バイデン候補「致命傷」となる新たなメールが明らかに →フェイスブックとツィッター、この報道を伝えるのを事実上禁止】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    (*・ω・)ノ いったいどうなってしまうのか?


    1: 風吹けば名無し 2020/10/16(金) 17:50:39.53 ID:t6Rx+stQ0
    バイデン周辺3人感染

    11月3日実施の米大統領選の民主党候補、バイデン前副大統領と、
    副大統領候補のハリス上院議員のスタッフら計3人に新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出た。

    バイデン陣営の幹部が15日発表した。

    トランプ政権の感染防止策を不十分と批判してきたバイデン氏らにとって痛手となりそうだ。
    https://www.sankei.com/world/news/201016/wor2010160013-n1.html


    あっ…

    【【悲報】バイデンさん周辺、新型コロナ流行wxw】の続きを読む

    このページのトップヘ